忍者ブログ

日々あったこと、思うことを書き留める日記です。

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やまとー、なでーしこ、しちへんげー・・・
どうやら製作発表があったらしいです。そういや今週金曜日から放送だもんなあ。

そして偶然とはいえこのドラマタイトルでは、きょんきょんの話を亀は突っ込まれるのは
わかってるだろうお答えで面白かったです(笑)

関西の番宣というかちょっとしたCMではこのドラマのCMのときに、きょんきょんの
ヤマトナデシコ~が流れてて、最初聞いたとき、ん?聞いたことある歌やなあって
思って画面を見たら普通にらい4ちゃん(テレビ局のマスコットっていえばいいかな)が
歌ってました・・・。まじで、「ええーーーーー、これっていいん??」って
びっくりしたもん。思いっきりシュールすぎる(w
だけどこれは東京では流せないよねー。さすがは関西ってウケました・・・・。

しかしこの記事で驚いたことがあって、今でも連絡取ってるとかそんなことは
まあ、なくもないだろうし(笑)全然どうでもいいんだけど、それよりも、アタシは普通に
きょんきょんの「ヤマトナデシコ七変化」は知ってるけど、かめってこの曲の2年後に
生まれたみたいなことが書いてあってこれまたSHOCK衝撃(笑)だった・・・。
なんかさあ、小さかったとかならまだわかるんだけど、生まれる前って本気で
せつない(苦笑)めっちゃ、小学生の頃歌ってたもん!(w←歳がばれる(爆)

そして、美容とかやってて「女優です」っていっちゃう、かめたんがステキ><
もうね、この間のインテでどれだけの「かめたんの花魁」を見たことか(笑)
そんなことはどうでもいいんだが(苦笑)とりあえずホント「女優」になっても
いいと思うし(w
てか、禁酒とかおっさんなんですけど(汗)
正月にうちのおかんに、カツンコンDVDを見せたときかめをみて、
「キレイやし、上手やん」ってお褒めの言葉も頂いたし(w
余談ですが、同じく正月にプレゾンDVDを見せたら、メイキングでがやがバースデイ
ケーキに顔を突っ込むってことをしたんだけど、その突っ込む前に、あの前髪を
ゴムで無造作なんだけど、すんごくキレイに結んだのがものっすごい印象に
残ってるらしく、がやを見ると「あのとき前髪くくってた子やんなあ?」って聞いてくる
うちの母・・・にかたまがやみっくんまでは区別がつくようだけどあと3人がこの
正月では覚えられなかった(苦笑)

原作はよく知らないけど、ドラマがちょっと楽しみになってきたー。
うちのじいさまもこういった「イケメン」といわれるドラマに出てくんないかな・・・
無理か(w
じいさまで思い出したけど、先日のカツンの番組で(タイトル出てこない、苦笑)
にせヨンさまがみょーに似合っててめっさ面白かったー。
あんまりにもにせヨンさまがツボったので、某Sさんに電話したらうっかり忘れてた
らしく慌ててテレビをつけさせ(笑)一緒に笑いながら見てしまったんだけど、
あーゆーなかまるさんスキです(w
つーか、ハングルをちっとでも勉強してたんやから、話してくれよーーーー!って
突っ込んだのは言うまでもなく(笑)まあ名前は言ってたけどね。
パスポート忘れるとか普通にありえんし(その昔忘れて1日遅れでパタヤにとんだ
Jrを思い出した、笑)なんか人事のようなロケだし、それがなかまるっちゃあ、なかまる
なんだけど、もうちょっとがんばろーね(笑)てかチェ・ジュウが、いい人だった(w
冬ソナの再放送が始まって地味に気になるんだけどなあ(w

たぐじんロケで着てたじんの黒ジャケの丈がドルガバかいな?って思いだしたのは
アタシだけでないはず(笑)

亀梨「いい先輩」初めてキョンキョン語る

1月13日9時19分配信 デイリースポーツ

 KAT-TUNの亀梨和也(23)が12日、横浜市内でTBS系主演ドラマ「ヤマトナデシコ七変化」(15日スタート、金曜、後10・00)の制作発表を行い、かつて交際報道のあった女優・小泉今日子(43)について初めて語った。
 タイトルはかつて小泉がヒットさせた曲と同名。題名の感想を問われた亀梨は「曲はもちろん知ってましたが、だからといって連絡を取ったりはしていません。小泉さんとの関係?本当に良くしてもらっているいい先輩ですね」と微妙な言い回しで語った。「曲同様、ドラマもヒットするよう頑張ります」としたが、亀梨が小泉について口にするのは初めて。
 亀梨は06年に交際が報じられた際、「尊敬する先輩」と文書でコメント。その後は破局や目撃談などさまざま報じられたがコメントしていない。
 作品は、イケメン過ぎることにコンプレックスを抱く主人公と、大政絢(18)演じるブサイクがコンプレックスのホラー少女が織りなすラブコメディー。ほかに、手越祐也(22)、内博貴(23)らが出演。亀梨は、美を磨くためスキンケアに励んでいることを明かし「女優です」と笑いを誘っていた。

亀梨 ドラマタイトルにドキッ!?…TBS系「ヤマトナデシコ七変化」

1月13日8時54分配信 スポーツ報知

 TBS系新ドラマ「ヤマトナデシコ七変化」(金曜・後10時、15日スタート)の制作発表が12日、神奈川・緑山スタジオで行われ、主演の亀梨和也(23)らが会見した。

 交際がうわさされた女優・小泉今日子(43)の代表曲と同じタイトルに亀梨は「あー、と思いました。大ヒットシングルとは知ってましたけど、そのことで連絡を取ったりはしてません」。すでに破局したとの情報もあるが「よくしてもらったりとか、いい先輩ですね」とはぐらかした。

 ドラマは、亀梨、手越祐也(22)、内博貴(23)、宮尾俊太郎(25)のイケメン4人衆が引きこもりの少女(大政絢)を変身させるため奮闘するというラブコメディー。超美男子という設定の亀梨は「楽屋でスチームや肌のコロコロをしたりで女優みたいです」。共演は高島礼子(45)、加藤清史郎(8)ら。

亀梨、出演ドラマはキョンキョンの曲と同名

1月13日7時52分配信 サンケイスポーツ

 KAT-TUNの亀梨和也(23)が12日、横浜市内のスタジオでTBS系主演ドラマ「ヤマトナデシコ七変化」(15日スタート、金曜後10・0)の制作発表を行った。

 洋館に下宿する主人公イケメン4人とホラー好きな少女(大政絢)のラブコメディー。ケンカっぱやい短気な大学生役の亀梨は、よりイケメンになるため「スチームや美顔器のコロコロで肌の手入れをしてます。女優です」と告白。NEWSの手越祐也(22)ら共演者と「美容の情報交換してます」と笑わせた。

 ドラマのタイトルは、06年に熱愛報道された女優、小泉今日子(43)のヒット曲(84年)と同じ。亀梨は「よくしてもらっているいい先輩。曲と同様にドラマもヒットさせたい」と好演を誓った。

亀梨和也、“超美形男子”役作りに禁酒とスキンケア

1月12日14時52分配信 オリコン

拡大写真
ドラマ『ヤマトナデシコ七変化』で亀梨和也と共演する加藤清史郎も会見に出席 (C)ORICON DD inc.
 人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也が主演するTBS系新ドラマ『ヤマトナデシコ七変化』(1月15日 後10:00スタート)の会見が12日、横浜・緑山スタジオで行われ、キャスト陣が出席。前髪で顔を隠す“ホラー少女”(大政絢)を救うべく、超美形男子の1人として出演する亀梨は「ここまで“イケメンです!”という役は初めてで、こっ恥ずかしい」と遠慮がち。禁酒をはじめ、アロマスチームなど肌の手入れに余念がなく「共演者とも美容の情報交換をしたり、本当に女優ですよ!」と役作りの様子を明かした。

【写真】“ホラー少女”の装いで登場した大政絢ほか、主要キャストが出席

 作品は累計750万部を売り上げるはやかわともこの同名コミックが原作。かっこよすぎる自分に潜在的にコンプレックスを抱き、根は優しいものの攻撃的な振る舞いをする恭平(亀梨)と、自分を“ブス”だと思い込み女性を捨て、孤独の世界で暗く生きるホラー少女・スナコによるラブコメディ。亀梨、手越祐也(NEWS)、内博貴ら3人が“超美形同居人”として登場し、スナコの改造計画に乗り出すなかで、ドタバタ劇を繰り広げる。

 亀梨は、数々の美形男子を前面に押し出したキャラクターの設定上、お肌の手入れは欠かせないようだが「皆さんが描くような、しゅっとしていて口数が少ないイケメンではなく、人間らしい男性の姿を劇中で出していきたい」とあいさつ。共演する人気子役の加藤清史郎とは“エアー野球ごっこ”で盛り上がると明かしたが「僕が打つとすぐにピッチャーライナー。なかなか球が打てない…」と苦笑いした。

 また、ドラマのタイトルが、過去に一部で熱愛が報じられた小泉今日子のヒット曲と同名であることを指摘されると「発売したのは僕が生まれる前?だと思いますが、楽曲は知っていました。特に年上の方に(指摘されて)「あ~そうなんだ」と思った。よくしてもらっている方ですし、いい先輩ですよ」と話した。

 一方の手越は「(役のために)1週間で3キロ痩せました」と告白。内も楽屋では美容談義に花を咲かせていると明かしつつ、大和撫子(やまとなでしこ)のイメージについて「凛としていて清潔感があり、掃除が毎日できる方ですかね」とコメント。加藤も「可愛くて、ちょっと真面目な優しい人」と真顔で話し、以前共演したい女優として挙げていた高島礼子や神戸蘭子、宮尾俊太郎ら共演者から笑いを誘っていた。

亀梨、小泉今日子は「いい先輩」と淡々

記事を印刷する

日記を書く

 KAT-TUN亀梨和也(23)主演TBS系連続ドラマ「ヤマトナデシコ七変化」(15日スタート、金曜午後10時)の制作発表が12日、横浜市内の同局スタジオで行われた。同名漫画が原作で、イケメン金欠大学生(亀梨)が同じ下宿のイケメン大学生らとホラー好きなネクラ少女の改造に奮闘するラブコメディー。

 「ヤマトナデシコ七変化」といえば、亀梨が生まれる2年前の84年に歌手小泉今日子(43)が発売した同名ヒット曲が有名。亀梨はその小泉と06年に交際を報じられて話題を呼んだが、08年には一部で破局が伝えられていた。

 偶然とはいえ、かつて交際が報じられた相手のヒット曲が主演ドラマの題名となり、亀梨は「ああ、と思いました。僕が生まれる前に発売したと思いますが、楽曲は知っています。それでお互い連絡を取ったりはしませんが、曲同様にドラマもヒットするよう頑張りたい」と淡々と話した。

 その上で小泉との仲を聞かれると「よくしてもらっている、いい先輩です」とだけ答えた。亀梨が公の場で小泉との仲に触れたのは初めて。小泉側はノーコメントを貫いている。ほか、NEWS手越祐也、内博貴、大政絢、宮尾俊太郎、加藤清史郎、高島礼子、神戸蘭子が出席。

 

拍手[0回]

PR
この記事へのコメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 
この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[09/06 蘭]
[08/30 ひなた]
[08/17 優]
[08/02 優]
[06/08 ひなた]
プロフィール
HN:
伏字姐さん
性別:
女性
自己紹介:
毎日を節操なく生きておりますが、本人は愛のある発言だと思ってるので、そこのところをご理解頂き、よろしくお願い致します。

バーコード
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
Copyright ©  -- 十人十色 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]