忍者ブログ

日々あったこと、思うことを書き留める日記です。

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たまたん、ドラマおめ!・・・
前々から噂がありましたがどうやら本当のようです(笑)
歌舞伎か・・・。うちの子も結構いいところまでいけると思うんだけどなあw
和物はいいよ、顔がそっち系だし(苦笑)

まあ歩く姿とかあんまりきれいじゃないから、ここらでしごかれて
仕草とか直したらいいと思うしねー。

てか単独主演って初めてだったか・・・。
いつの間にやらいろんなドラマに出てるからあんまり違和感なかったけど
多分それは昨日信長とか見てしまったせいだなw

相手役の子が小さいこともいいよねーwww
やっぱりそこは萌えポインツとしては最重要だ、あっ、御曹司役だったか、
まあそこそこ不自由ないお暮らしをしてらっしゃるからその辺は
大丈夫か?wでも御曹司ってなるとがややせんちゃんとかぴったりなのにw
その辺はたかしではちょっと・・・(自粛)

ずにあもいっぱいでるし、ついでに美男のときみたいにどっか
つっこんでくんないかなあっていう1パーセントもない期待をしながら
見ていきたいと思いますけど、ほくじぇしの推されっぷりにびびりつつ、
ゆーまたんプレゾンもあるのにご苦労様とか思いつつ、ぶっこまれる
おきにが相変わらずステキw
しかしじぇしたんと親友役はイマイチ納得いかんw

記事をいろいろ読んでたら楽しみだけど、まあちょっとぐらいは叩かれることも
あるだろうけど(苦笑)そんなこといってもしょうがないんで負けん気で
乗り越えてほしいな。
ゆーまたんと三角関係か・・・。どっかにどっちもお魚顔って書かれてけど
確かに!!女の子も選びようないよなあ(笑)

信長は確かに脚本が面白かったから視聴率もよかったと思うけど、
今度も本が良くなければついてこれないしなあ。
こればっかはたまたんだけのせいではぜったいない。
まっ、とりあえず色んな意味で楽しみ!
美男みたいに死んだようにはコンでもならないこと祈るのみ・・・。

キスマイ玉森とNYC中山が歌舞伎対決

TBS系ドラマ「ぴんとこな」に出演する川島海荷

 Kis-My-Ft2玉森裕太(23)が、7月スタートのTBS系連続ドラマ「ぴんとこな」(木曜午後9時)に主演し、歌舞伎界のプリンスになることが16日、分かった。原作は嶋木あこ氏の同名人気少女コミックで、歌舞伎界を舞台にした青春恋愛物語。玉森は歌舞伎界の名門、木嶋屋のイケメン御曹司を演じる。高橋正尚プロデューサーは「歌舞伎とラブストーリーの融合というこれまでにない挑戦をきっと成功させると思わせてくれる強さと華が、今の玉森君にある」と起用理由を説明した。

 共演者にも、玉森と同じジャニーズ次世代トップスター候補がそろった。NYC中山優馬(19)が主人公のライバルで、歌舞伎と無縁の家に生まれるも、人気歌舞伎俳優を目指して努力する若手を演じる。同じ境遇だが、中山に嫉妬する歌舞伎役者役にジャニーズJr松村北斗(17)、玉森の高校の同級生で親友役にジェシー(16)が抜てきされた。川島海荷(19)は、ヒロインの歌舞伎好き女子高生を演じる。

 初めて歌舞伎俳優役を演じる玉森と中山は、3月からけいこを開始し、日舞界のトップに所作を、現役の歌舞伎俳優から歌舞伎指導を受ける日々を送っている。舞台やコンサートで鍛えている2人だが、使う筋肉が違うために戸惑いも多い。玉森はポスター撮影で、約10キロの歌舞伎衣装とカツラをつけた際は「立っているだけでつらい…」とこぼしたが、「場の雰囲気が変わるし、とても格好良くてやりがいが非常にあります」と気持ちを新たにしていたという。

 また、玉森はゴールデンタイムの連ドラで初めて単独主演ということもあり、「すごく光栄です。けいこでは歩くしぐさ1つ1つに気を使ったりと、一朝一夕にはできないことを身をもって実感しています」と話し、気を引き締めている。

 [2013年5月17日10時19分 紙面から]

キスマイ玉森、連ドラ初の“歌舞伎”挑戦

 7人組、Kis-My-Ft2の玉森裕太(23)が、7月スタートのTBS系連続ドラマ「ぴんとこな」(木曜後9・0)に主演し、歌舞伎に挑戦することが16日、分かった。

 原作は漫画家、嶋木あこ氏の同名コミックで、少女誌「Cheese!」(小学館)で連載中。歌舞伎を舞台とした物語で、累計100万部を誇る人気作だ。連続ドラマで歌舞伎の世界がテーマになるのは史上初で、玉森は名門「木嶋屋」のイケメン御曹司、河村恭之助を演じる。

 ファンの人気が高い半面、肝心のやる気に欠け、舞台でも手を抜く役どころ。現在、歌舞伎の稽古に励んでいる玉森は「歩くしぐさひとつひとつに気を使ったりと、一朝一夕にできないということを身をもって実感しています」と難しさを実感している。

 恭之助のライバルで「轟屋」の人気役者、澤山一弥をNYCの中山優馬(19)が、ヒロインの千葉あやめを9nineの川島海荷(19)が演じる。川島は2人の歌舞伎姿について「玉森さんと中山さんが歌舞伎のメークをして、衣装を着た姿の迫力に感動しました」と絶賛した。

(紙面から)

キスマイ・玉森、日本初・歌舞伎連ドラ挑戦「すごく光栄」






 人気グループ「Kis―My―Ft2」の玉森裕太(23)が、7月スタートのTBS系連続ドラマ「ぴんとこな」(木曜・後9時)で主演し、歌舞伎俳優役に挑戦する。

 嶋木あこ氏の同名人気漫画が原作で、玉森演じる梨園の御曹司・河村恭之助が歌舞伎に、恋にまい進する姿を描く。TBSによると、歌舞伎界を舞台にした連続ドラマは日本のテレビドラマ史上初。玉森は「400年続く、歴史ある歌舞伎という舞台をドラマで演じられることはすごく光栄」と背筋を正した。

 劇中では、「NYC」の中山優馬(19)が演じる一般家庭出身ながらも努力で人気歌舞伎役者を目指す澤山一弥とのライバル関係が描かれる。実際に歌舞伎を演じるシーンもあるが、2人は日本舞踊の花柳寿楽、典幸から所作指導、歌舞伎俳優の中村京蔵、坂東橘太郎から演技指導を受けている。

 厳しい稽古に「一朝一夕にはできないということを身をもって実感しています」と玉森。中山も「女形の稽古で、歩き方や正座の仕方も意識して女らしくしているので、ドラマ撮影後に自分に戻れるか心配です」と話した。共演は「9nine」の川島海荷(19)、ジャニーズJr.の松村北斗(17)、ジェシー(16)ら。



キスマイ玉森裕太 TBSで初の歌舞伎界ドラマ

 Kis―My―Ft2の玉森裕太(23)が海老蔵になる!歌舞伎界を描くTBS連続ドラマ「ぴんとこな」(7月スタート、木曜後9・00)で、梨園の御曹司役で主演する。TBSによると、歌舞伎の世界を題材にしたドラマは初めて。中山優馬(19)、川島海荷(19)らが共演する。

 玉森演じる主人公はルックスが良く、女性にモテモテ。お坊ちゃん独特の華があり人気も抜群という設定で、実際の歌舞伎界のプリンス、市川海老蔵(35)をほうふつさせる。一方、中山演じるライバル俳優は、歌舞伎と無縁の家出身ながら女形を得意とし、鍛錬と才能でのし上がったという役どころ。対照的な2人が演技だけでなく、川島演じるヒロインをめぐって火花を散らす姿が描かれる。

 劇中で歌舞伎にも挑戦する玉森と中山は3月末から、動きや発声法、所作などを稽古。今月初めに撮影に入った。玉森は「もっと歌舞伎を研究してより良い作品にしていきたい」と抱負。中山は「女形の稽古をしていて、歩き方や正座の仕方も意識して女らしくしているので、ドラマ撮影後に自分に戻れるか心配」とジョークを交えてコメントしている。

 嶋木あこさんの同名の人気少女コミックが原作で、タイトルは「男らしく芯のある二枚目」という歌舞伎用語。共演は他に山本耕史(36)、岸谷五朗(48)ら。歌舞伎の興行主の松竹が制作協力しており、本物の歌舞伎俳優も出演する。

[ 2013年5月17日 06:00 ]

キスマイ・玉森裕太、歌舞伎に挑戦

2013年5月17日

 人気グループ、Kis‐My‐Ft2の玉森裕太(23)が、歌舞伎界を舞台にしたTBS系の連続ドラマ「ぴんとこな」(7月スタート 木曜、後9・00)に主演することが16日、分かった。

 玉森は歌舞伎界のプリンスで、イケメンの御曹司役。女形を演じるNYCの中山優馬(19)、歌舞伎好きの女子高生を演じる9nineの川島海荷(19)と三角関係を繰り広げる。

 400年続く伝統芸能である歌舞伎界を舞台にした史上初の連続ドラマに、玉森が挑む。

 「ぴんとこな」とは歌舞伎用語で「男らしく、芯(しん)のある二枚目」を意味するもので、原作は累計100万部を超える嶋木あこ氏の同名少女コミック。イケメン御曹司の河村恭之助(玉森)と、歌舞伎とは無縁の家に生まれながら人気歌舞伎俳優になろうと努力する恭之助のライバル・澤山一弥(中山)が、歌舞伎の技を競うだけでなくヒロインの千葉あやめ(川島)をめぐって恋の火花も散らす。

 玉森は4月から歌舞伎俳優らに所作やセリフを学び、今月から撮影に入った。舞踊「春興鏡獅子」の獅子の精の姿を初公開した玉森は「歌舞伎という舞台をドラマで演じられることはすごく光栄」としつつも「歌舞伎の衣装は想像以上の重さ」と、普段使わない筋肉が悲鳴を上げるため苦笑いだ。演目「菅原伝授手習鑑 加茂堤」の苅屋姫姿を初公開した中山は「歩き方や正座の仕方も意識して女らしくしているので、ドラマ撮影後に自分に戻れるか心配です」と語った。

 今年の1~3月にはテレビ朝日系のドラマ「信長のシェフ」で連ドラ単独初主演を飾り、深夜ながら平均視聴率10・8%というヒットを飛ばした玉森。今回のドラマには大物歌舞伎俳優の出演も調整中といい、人気アイドルと歌舞伎界の“化学反応”に期待が集まる。

史上初!歌舞伎界TVドラマ キスマイ玉森「ぴんとこな」

2013年5月17日 紙面から

 歌舞伎界が舞台の人気少女マンガ「ぴんとこな」が、7月スタートのTBS系連続ドラマとして同タイトルで実写化され、ジャニーズ事務所のアイドルグループKis-My-Ft2(キスマイフットツー)の玉森裕太(23)が主演することが決まった。400年続く日本の伝統芸能、歌舞伎が題材の連ドラは史上初となる。木曜午後9時放送。

 嶋木あこ氏の原作は、小学館の月刊「Cheese!」で連載中。「ぴんとこな」は歌舞伎用語で「男らしさと憎めない色気を併せ持つ二枚目」という意味だ。歌舞伎界の舞台裏とラブストーリーとの融合が受け、コミックスは9巻で累計100万部を超えている。

 玉森は名門「木嶋屋」のイケメン御曹司・河村恭之助を演じる。ライバル役は同じジャニーズのアイドルグループ「NYC」の中山優馬(19)で、ヒロインはガールズユニット9nineの川島海荷(19)。松竹が制作協力し、本物の歌舞伎役者もゲスト出演する。

 御曹司としての重圧から歌舞伎に嫌気が差している高校生の恭之助は、ヤケになって友人やファンの女子と遊び歩く日々。父親の世左衛門(岸谷五朗=48)に叱られ、ライバルの澤山一弥(中山)にもけなされる始末だったが、純粋に歌舞伎を愛する同じ高校のあやめ(川島)と出会い、考えが変わっていく。

 玉森と中山は3月末に稽古を始めた。所作は日本舞踊家の花柳寿楽、歌舞伎のセリフと発声は中村京蔵、坂東橘太郎といった歌舞伎俳優が指導役に就いた。舞台やコンサートの経験は豊富な2人も、歌舞伎特有の動きには「普段使わない筋肉を使うから大変」と苦戦。ポスター撮影で「春興鏡獅子」の「獅子の精」の衣装をまとった玉森は、約10キロという想像以上の重さに「立ってるだけでつらい」とこぼした。

 稽古の前には、東京・赤坂ACTシアターで「中村勘九郎襲名記念『赤坂大歌舞伎』」、同・新橋演舞場で「三月花形歌舞伎」を観劇。玉森は「何ともいえない迫力や存在感があった。もっと研究してよりよい作品にしたい」と刺激を受けた。

 他に高嶋政宏(47)、榎木孝明(57)やジャニーズJr.のジェシー(16)と松村北斗(17)も出演。TBSは「花より男子」や、玉森が主演した「美男ですね」に続くイケメンシリーズの決定版として期待を寄せている。

拍手[0回]

PR
この記事へのコメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[09/06 蘭]
[08/30 ひなた]
[08/17 優]
[08/02 優]
[06/08 ひなた]
プロフィール
HN:
伏字姐さん
性別:
女性
自己紹介:
毎日を節操なく生きておりますが、本人は愛のある発言だと思ってるので、そこのところをご理解頂き、よろしくお願い致します。

バーコード
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
Copyright ©  -- 十人十色 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]