忍者ブログ

日々あったこと、思うことを書き留める日記です。

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

始まりました・・・
ドリボが3日から開演しましたけど、あらちの国立とかぶったせいか?
今朝のワイドショーではあらちの国立がメインだったような(滝汗)
まあしょうがないっていえばしょうがないんだけど・・・。なかまるの誕生日も
あったしなあ。あらちは1日ずれたしなあ、まあそんなところが、カツンらしいって
いうか、なかまるっていうか(w

昨日のシューイチではあんまり疲れた顔ではなかったけど、この先毎週どんな顔で
出てくるのか?ちょっと楽しみ。最後のほうにはくったくたな顔なんだろうか?(苦笑)
ちらっと唯一見れためざましでは、黄色のパンツを履いてたけど、黄色って!!
たまもりか?って思ってしまった残念なあたし(苦笑)
ざっとしか見てないけれど、なかまるが相変わらず細くて、細くて。
痩せたかめたんよりも細かったと思うんだけど・・・。
まじで、10代の頃のほうがまだ太ってたんちゃうかと思うぐらいに細い。
これで舞台やったらまた痩せるのかなあ?ちゃんと一応曲がりなりにもフライング
やってたし、いっぱい泣いてるらしいし(もう笑いを堪える術は多分もってないから、
笑い泣きすることはもう予測できてる、苦笑)楽しみだなあ。
そして無駄にひーくんがいい役やってるし。2幕はあんまり出てこないけど(笑)
いい役だもんなあ。かつてはみっくん、前回はとっつーだったらしいが。なぜに
ひーくんだったんだろう。しーくんでもよかったんちゃうかと思うんだけど・・。
見た目は確かにヤンキーちっく、いや韓流ちっくだけど(笑)ある種の大抜擢が
すごい謎っていうか、びっくりだなと。実際を見てないからなんともいえないけど、
かめたんチームは安井さんたちとかって、まあ予想はできたけど、もうちょっとすのまんを
半分に割って混ぜてほしかったかなあ。さくちゃんなんて完全なかまる側だと思うんですが(w
あっ、ふっかもね(w安井さんたちでは、まだまだ・・・・なところが多すぎるだろうし。
確かにいっぱい舞台は出てるけど、これといって前に出されたことないし、あたしは
たきざーさんの歌舞伎の竜宮城の乙姫様っていう印象しかありませんが(w
これがまたいろっぽくて、お友達の間では「すけこましの安井」って勝手に呼び名が
ついてるぐらい(実際は全く知らないし、ただの直感だけですので、全く呼び名とく
意味は関係ないと思われる、苦笑)きすこんやりつつ、ドリボのリハもやって、
ホントに大変だったとは思うけど、これでまた1つ大きくなったらいいなと。
安井さんは見た目より全然若くないので(笑)ここらでいろんなことやってヲタを
獲得せなあかんしなあ・・・ってきすこん見てたら安井さんに落ちてるヲタ多数ですけどって
いうあたしも安井さんがデキる子だったので好きになりました(笑)まっ、がんばって
頂きたいなと。

話は飛びまくったけど、とりあえず久々に踊ってるなかまるも見れそうなので
あと2週間ほど、楽しみにします。ってまだ全然チケそろえてないけど(苦笑)

亀梨が大技挑戦「今までで一番怖い」

 KAT-TUN亀梨和也(25)主演舞台「ドリームボーイズ」(東京・帝国劇場)が4日、取材陣に初公開された。亀梨は07年から単独主演しているが、今年から新たな大技フライングに挑戦。「正直、今までで一番怖いです。考えないようにしています」と明かした。

 今年は同じKAT-TUN田中聖(25)と中丸雄一(28)が参加。3人の息が合った一斉フライングでも観客を魅了した。大技フライング習得と仲間のバックアップを得て、亀梨は「最強の『ドリームボーイズ』になっています」と胸を張った。3日に開幕し、25日まで。

 [2011年9月5日6時15分]

 

亀梨の大回転フライングを米でも計画

 

 KAT-TUN亀梨和也(25)主演舞台「ドリームボーイズ」(東京・帝国劇場)が4日、取材陣に初公開された。初演は04年。亀梨は07年から単独主演しているが、今年から新たな大技フライングに挑戦した。バンジージャンプの要素を取り入れたもので危険と隣り合わせの中、持ち前の力で空を舞う大回転フライングを意味する「険勝好運舞空大回転(シェン・シュン・ハオ・ユン・ウー・コン・ダー・ホエ・チュワン)」と命名された。

 第1幕のラストで披露した大回転フライングは計15回。最後は6連続回転を行ったが、静寂が舞台を包む中、「ハッ!」と亀梨の気合を入れる声が何度も響き渡った。「ジェットコースターに乗れないくらい」と高所が苦手だけに「正直、一番怖いです。考えないようにしています」。腕や腹筋を鍛えているものの、体重は64キロから59・2キロと約5キロも減った。舞台は3日に開幕。25日の千秋楽まで、主演の責任感だけで大技を披露し続ける。

 新フライング習得のために、中国河北省滄州(そうしゅう)市雑技団から指導者を招聘(しょうへい)。幼少期から訓練を積んだ中国の雑技団員でも最低4カ月はかかる技を、亀梨は20日間でマスターした。ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏は「米国に持っていっても評価される内容。来年あたりはぼちぼち米国あたりに持っていかないと」と、すでに米国進出のプランを練っている。

 今年は同じKAT-TUN田中聖(25)と中丸誘致(28)が参加。3人の息が合った一斉フライングでも観客を魅了した。大技取得と仲間のバックアップを得て、亀梨は「最強の『ドリームボーイズ』になっています」と胸を張った。

 [2011年9月5日9時16分 紙面から]

亀梨、新フライング披露「今回が一番恐い」

2011.9.5 05:05

 

 人気グループ、KAT-TUNの亀梨和也(25)が4日、東京・丸の内の帝国劇場で主演舞台「DREAM BOYS」(25日まで)の上演後に会見、新たなフライングを中国雑技団のインストラクターから教わったことを明かした。

 前日3日に開幕。見どころは地上約5メートルの空中ブランコからバンジージャンプのように飛び降り、回転してまた戻るフライングで、名づけて「険勝好運舞空大回転」。訳すと「危険の中、持ち前の力で舞う大回転フライング」で、これを15回ほど見せる。

 亀梨は「これまで何度もフライングはやってきましたが、今回が一番恐いです」と緊張した面持ち。約2時間45分の公演中は他の場面でも飛びっぱなしで汗だくに。「約20日間の直前けいこで体重が64キロから59・2キロ(身長は1メートル71)になりました」と打ち明けた。

 演出のジャニー喜多川氏は「ニューヨークでもどこでも、評価される作品に仕上がった。来年あたり海外公演をやりたい」と将来的な海外進出を見据えていた。共演はKAT-TUNの田中聖(25)と中丸雄一(28)のほか、真琴つばさ(46)、鳳蘭(65)ら。

(紙面から)

亀梨「史上最強のドリームボーイズ」新フライングで海外進出を示唆

 帝国劇場100周年記念公演「DREAM BOYS」(作・構成・演出=ジャニー喜多川)に主演中のKAT―TUN・亀梨和也(25)が4日、東京・丸の内の同劇場で会見した。

 2年ぶりの公演で、亀梨は中国雑技団直伝の新フライング「険勝好運舞空大回転」(危険と隣り合わせの中、持ち前の力で空を舞う大回転フライングの意)を披露した。バンジージャンプを取り入れた回転技で、腹筋や腕の力が必要不可欠な大技。難易度が高く、プロの雑技団員でも習得に4か月以上かかるが、亀梨は20日間でマスターした。

 ジェットコースターすら苦手という亀梨は「正直、今までで一番怖いです。でもやるしかない。100周年という責任を感じてやっています。史上最強のドリームボーイズになってます」と気合十分。ジャニー喜多川氏は「外国に持って行っても評価されると思う」と海外進出を示唆した。ほかに田中聖、中丸雄一、真琴つばさ、鳳蘭らが出演。

特集 ジャニーズ

 

KAT-TUN亀梨、超絶回転技

 KAT‐TUNの亀梨和也(25)主演で3日に東京・帝国劇場で開幕したミュージカル「DREAM BOYS」に海外公演プランが浮上していることが4日、明らかになった。

 作・構成・演出のジャニー喜多川氏が「米国に持っていっても恥ずかしくない内容。海外でも通用するし評価されると思う。ぜひ外国でやりたい」と明かしたもので、早ければ来年にも具体化しそうだ。

 初演は04年。2年ぶり12回目の再演となる今回は、亀梨が中国河北省滄州市雑技団直伝の新フライング「険勝好運舞空大回転」を披露している。バンジージャンプから腹筋の力で支点より上に体を持ち上げ回転させる超難技で、雑技団でも習得に4カ月以上かかるというが、亀梨は20日間で習得し驚かせたという。

 稽古で体重が5キロ落ちた亀梨は「正直、今までで一番怖いです。体力的にも史上最強の『DREAM BOYS』」と話した。

 舞台では田中聖(こうき)(25)が実の弟・樹(じゅり)(16)=ジャニーズJr.=と兄弟役で初共演。聖は「心配で心配で…兄っていうより親気分」とソワソワ。自分が出ていないシーンでも楽屋に戻らず舞台袖で弟を見守る兄バカぶりも明かした。25日まで。

亀梨 神業 日本初!中国雑伎団仕込み ミュージカル「DREAM BOYS」

2011年9月5日 紙面から

 人気グループKAT-TUNの亀梨和也(25)が主演するミュージカル「DREAM BOYS」が東京・丸の内の帝国劇場で3日に開幕し、4日の公演が報道陣に公開された。帝劇開場100周年に合わせて、亀梨は中国の雑伎団から直伝された日本初となる神業フライングを披露。作・構成・演出のジャニーズ事務所ジャニー喜多川社長は「アメリカに持っていっても評価される。来年あたり、やりたいですね」と海外進出に意欲をみせた。公演は25日まで。

 第一幕のラスト。亀梨はステージから5メートルの高さにつり下げられた三角形の鉄棒に、すっくと立った。意を決して前方に飛び込むと、腰につけたゴムひもによって、バンジージャンプのように体が浮き上がる。さらにゴムひもをつかむと、腹筋と腕の筋肉をフルに使って体を引き上げ、1回転して元の位置に着地。観客がかたずをのんで見守る中、亀梨はうなり声を上げながら、ノーミスで15回の高速回転を成功させた。

 新フライングの名は「険勝好運舞空大回転」。指導にあたった中国・河北省滄州(そうしゅう)市雑伎団のインストラクターが、KAT-TUNを漢字に置き換えた「勝・運」の意味も込めて命名した。団員でもマスターに最低4カ月かかる離れ業だが、運動神経に秀でた亀梨は、わずか20日間のけいこで、着地せず連続回転する超絶技巧まで成功させ、団員たちの度肝を抜いた。

 失敗すれば中ぶらりんになり、元の地点に戻れなくなるという精神的な重圧もある。04年の初演から全公演に出演し、多彩なフライングを経験している亀梨でも「正直、これまでで一番怖い」と打ち明けるほど。「けいこ前に64キロだった体重が59・2キロになりました」とハードさを明かした。

 新技に挑みつつ座長として物語を引っ張っている亀梨に、喜多川社長も感嘆。「タレント自身があそこまで挑戦することは、なかなかない。アメリカに持っていっても評価される。自信はあります」とミュージカルの本場、米国への進出をぶち上げ、「来年あたり、いきたい」と気持ちを抑えきれないように語った。

 亀梨は「(堂本)光一くんならこう、タッキー(滝沢秀明)ならこうだよ、ってスタッフさんの声もちらほらあって…」とフライングの達人と比べられたプレッシャーも明かし、「100周年のステージに立つならそれくらいの覚悟が必要。全身全霊で頑張りたい」と文字通り飛躍を誓っていた。
 

亀梨和也 中国雑技団直伝技で5メートル飛んだ!

 KAT―TUNの亀梨和也(25)田中聖(25)中丸雄一(28)らが出演し、帝国劇場(東京都千代田区)で上演中の舞台「ドリームボーイズ」が4日、報道陣に公開された。

 亀梨の派手な空中パフォーマンスが話題を呼び2年ぶりの再演。中国雑技団直伝の“大回転フライング”で観客を魅了した。

 バンジージャンプのように伸縮性の高いチューブで体を支え、高さ5メートルの足場を飛び降りて回転して戻る大技で「険勝好運舞空大回転」と命名。雑技団員でも習得に4カ月はかかるというが、亀梨は約20日間でこなし「今までで一番怖い。体重が64キロから59・2キロまで落ちました。でも充実した雰囲気でやらせていただいている」と目を輝かせた。

 この日が誕生日の中丸は「こんな素晴らしい場で祝福されて幸せ」と笑顔を見せた。構成・演出を手掛けるジャニー喜多川氏は「アメリカに持って行っても評価されると思う。来年あたり挑戦したい」と海外進出を視野に入れた。

拍手[0回]

PR
この記事へのコメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 
この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[09/06 蘭]
[08/30 ひなた]
[08/17 優]
[08/02 優]
[06/08 ひなた]
プロフィール
HN:
伏字姐さん
性別:
女性
自己紹介:
毎日を節操なく生きておりますが、本人は愛のある発言だと思ってるので、そこのところをご理解頂き、よろしくお願い致します。

バーコード
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
Copyright ©  -- 十人十色 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]