忍者ブログ

日々あったこと、思うことを書き留める日記です。

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たまたん、ドラマ主演おめっ!・・・
しばらく書けてないなあって思ってたら、今朝主演ドラマが決まったと。
まっ、色々テレ朝のお仕事は単独でやってるし、不思議ではない話なんだが、
ひつこいようだが、あの!!!!あの!!!たまたんがドラマ主演って(笑)
ホントに強運の持ち主なんだなあってつくづく。

推されてる面子だからいつかはって思ったけど、結構思ったより早かったなあ。
まあそれでもふじきたのようにゴールデンではないが(笑)それぐらいが
ちょうどいいのかもなあ、たまたんにはwww

宣材写真のたまたんは前髪をあげてないから、やっぱりかわいい。
どうしても前髪をあげてるたまたんがダメすぎて若干心が離れ気味ですがって
たま担ではないんだけど(笑)ここんとこ、前髪もうっすらパーマぐらいで
ストレート気味に降りてるからかわいい。だけど振りが苦手な部類に入ると思うから
びみょーすぎだけど、まっ、それがたまたんだからしょーがないっていうw

はあ、これでまたヲタが増えるのかなあ、いや、増えなきゃ困るんだけど、
増えたら増えたで結構めんどくさいしって思うから、徐々に遠のいてしまうんだが、
まあ、たまたんから入ってたかしに降りるて人もいないだろうし(笑)
たかし的には変わらずかw
これで3月まではやはりコンはないかなあ・・・。ってことはまたカツンとかぶるのか?
それもめんどくさいっていうかしんどいなあ。今年大変だったし、またずにあ売り切れの
カツンコンだけはヤだなあ・・・。所詮バック担なアタシですから(苦笑)
たくみもいなくなったし(まだ、傷心中、笑)さっ、誰かいないかなあwww

とりあえず金曜日の夜中は忘れずにってことですな。
ものっすごい寒い中での撮影になるけど、風邪には気をつけて・・・って多分引くだろうけど
(美男のときみたいに鼻声全開の回が1度はあるだろうな、笑)
がんばってくだされー。
料理人の役か・・・ずんさまなみに料理が出来るようになったらきゅんきゅんするかな(爆)
またきゅんきゅんしたいぜ、たまたんにwww

キスマイ玉森、スゴ腕料理人役で連ドラ単独初主演 信長役で及川光博が初共演

 

 人気グループKis-My-Ft2の玉森裕太(22)が、来年1月スタートのテレビ朝日系『信長のシェフ』(毎週金曜 後11:15、一部地域は異なる)で連続ドラマに単独初主演することが13日、わかった。同局の23時台初の時代劇。現代のシェフが戦国時代にタイムスリップし、織田信長お抱えの料理番となって奮闘する姿を描く。信長役で歌手・俳優の及川光博(43)が同局の人気シリーズ『相棒10』以来の連ドラにレギュラー出演する。


 現代から戦国時代にタイムスリップしてしまった主人公ケンを演じる玉森は「(フレンチ)のシェフ役は初めてですし、タイムスリップをするという設定ももちろん初めて。いろいろな意味で“挑戦”となる作品なので、皆さん、たくさんのご意見をくださるとうれしいです!」と意気揚々。初共演となる及川に対しては「キラキラしたアイドルのような先輩からたくさんのことを学び、盗みたいと思います!」と期待をふくらませる。

 一方の及川も「まさか!の信長役です。僕自身大変驚いていますが、原作の面白さを皆様に楽しんでいただけるよう、精いっぱい、玉ちゃんと頑張ります! つけひげです!」と気合いが入る。信長といえば、大河ドラマや時代劇にこれまでに登場した回数は数知れず、さまざまな俳優たちが演じてきた。“王子キャラ”で染み付いた及川が、洒落者の信長役をどのように演じるのか、注目される。

 原作は2011年3月より『週刊漫画TIMES』(芳文社)に隔週連載中の同名人気漫画(原作:西村ミツル、作画:梶川卓郎)で、斬新な設定が人気を呼び、コミックスは最新刊5巻までが発売中。ドラマでは、原作の持ち味はそのままに、ヒロインやレギュラーキャストなどにアレンジを加え、恋愛要素なども盛り込みつつ、よりドラマとしての広がりを持たせていく。

 ヒロインの若き女刀鍛冶・夏を演じるのは女優・志田未来(19)。ケンを助けるため、夏は男装して女人禁制の信長の台所に入り込む。さらには、サル呼ばわりされながらも信長に使える豊臣秀吉にはガレッジセールのゴリ(40)、ケンの一番の理解者となる槍の名手・森可成に宇梶剛士(50)、徳川家康役にはカンニングの竹山隆範(41)がキャスティングされた。

 「宣教師フロイスの本心を確かめる料理」「足利義昭に朝倉討伐を認めさせるための料理」「北畠具教に和睦を受け入れさせる料理」など、信長が突きつける無理難題に応じるケンの料理が映像で楽しめるのもドラマの醍醐味だ。


キスマイ・玉森裕太、連ドラ単独初主演…テレ朝系「信長のシェフ」

スポーツ報知 11月14日(水)8時2分配信

 人気グループ「Kis―My―Ft2」の玉森裕太(22)が、来年1月スタートのテレビ朝日系連続ドラマ「信長のシェフ」(金曜・後11時15分)で単独初主演することが13日、発表された。

 これまで意欲的な作品を送り出してきた同局の「金曜ナイトドラマ」枠で初の時代劇。原作は「週刊漫画TIMES」で連載中の同名コミック。玉森は戦国時代にタイムスリップし、及川光博(43)ふんする織田信長の専属料理人を務めるフレンチシェフ・ケン役に挑戦する。

 玉森は「シェフ役も初めてですし、タイムスリップをするという設定ももちろん初めて。いろいろな意味で“挑戦”となる作品」と意欲をみせた。

 信長役の及川は、付けひげなどの役作りも万全で臨んでおり「まさか!の信長役です。僕自身大変驚いていますが、原作の面白さをみなさまに楽しんでいただけるよう、精いっぱい、玉ちゃんと頑張ります!」と語った。

 玉森の下で働く見習い料理人を志田未来(19)が、豊臣秀吉をゴリ(40)が演じる。

キスマイ玉森、ミッチー信長のシェフに

サンケイスポーツ 11月14日(水)7時51分配信

 Kis-My-Ft2の玉森裕太(22)が来年1月スタートのテレビ朝日系連続ドラマ「信長のシェフ」(金曜後11・15)に主演することが13日、分かった。

 玉森は昨年7月期のTBS系「美男ですね」で同じキスマイの藤ヶ谷太輔(25)、八乙女光(21)らとともに民放連ドラ初主演を果たしたが、単独主演は今回が初めて。

 同作は同名の人気漫画が原作で、玉森演じるフレンチシェフが戦国時代にタイムスリップしてしまい、織田信長の専属料理人として乱世を生き抜く物語。玉森は「シェフ役も初めてですし、いろんな意味で挑戦となる作品です」と気合十分だ。

 劇中、玉森に無理難題を課す信長役には及川光博(43)。連ドラは昨年11月~今年3月のテレ朝系「相棒ten」以来で、「精いっぱい、玉ちゃん(玉森)と頑張ります!」と共演を心待ちの様子で、玉森も「キラキラしたアイドルのような先輩からたくさんのことを学びたいです」と期待した。

 ほかに志田未来(19)が玉森をサポートする女刀鍛冶役を演じ、男装に挑戦。豊臣秀吉役をガレッジセールのゴリ(40)、槍の名手役を宇梶剛士(50)が演じる。

キスマイ玉森裕太 連ドラ初単独主演!ミッチー信長の料理番演じる

スポニチアネックス 11月14日(水)7時2分配信

 Kis―My―Ft2(キス・マイ・フットツー)の玉森裕太(22)が連続ドラマに初めて単独主演する。テレビ朝日「信長のシェフ」(来年1月スタート、金曜後11・15)で、同枠初の時代劇。現代から戦国時代にタイムスリップし、織田信長の料理番になるフレンチシェフ役を演じる。

 原作・西村ミツル氏、作画・梶川卓郎氏の同名コミックが原作。タイムスリップした主人公が、信長から「敵に和睦を受け入れさせる料理を作れ」などと難題を突きつけられ、当時の食材や調味料しかない中で、料理の腕を振るっていく物語。俳優の及川光博(43)が信長役を演じる。

 時代劇初挑戦となる玉森は「シェフ役も初めてですし、タイムスリップするという設定ももちろん初めて。いろんな意味で“挑戦”となる作品なので、皆さん、たくさんのご意見をくださるとうれしいです」と張り切っている。及川は「まさか!の信長役です。大変驚いていますが、原作の面白さを皆さまに楽しんでいただけるよう、精いっぱい、玉ちゃんと頑張ります」と抱負を語った。

 ほかに、主人公を助ける女刀鍛冶役で志田未来(19)、豊臣秀吉役でお笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリ(40)が出演する。

キスマイ玉森「信長のシェフ」で連ドラ単独初主演!信長役・及川光博“相棒”に

デイリースポーツ 11月14日(水)6時59分配信

 Kis‐My‐Ft2の玉森裕太(22)が来年1月スタートのテレビ朝日系ドラマ「信長のシェフ」(金曜、後11・15。一部地域、放送時間が異なる)で連ドラ単独初主演を飾ることが13日、分かった。

 戦国時代にタイムスリップし、織田信長の専属料理人となる青年役を演じる。信長役には俳優・及川光博(43)を起用。玉森は及川を“相棒”に迎え、新たな時代劇を作り上げる。

 ドラマは、2011年3月から「週刊漫画TIMES」(芳文社刊)で隔週連載の同名漫画が原作。現代でフレンチシェフだった主人公・ケンが信長の「宣教師の本心を確かめる料理」といった“ムチャぶりオーダー”に応えながら戦乱の世を料理の腕一本で生き抜く。

 玉森は「相棒」シリーズを今年3月に卒業した及川との初タッグに「キラキラしたアイドルのような先輩からたくさんのことを学び、盗みたい」と抱負。及川は「原作の面白さをみなさまに楽しんでいただけるよう、精いっぱい、玉ちゃんと頑張ります!つけひげです!」と“新相棒”に期待を寄せた。

 共演は女優・志田未来(19)がヒロインで男装する刀かじ役を、豊臣秀吉役を、お笑いコンビ、ガレッジセールのゴリ(40)、徳川家康役をタレントのカンニング竹山(41)が演じる。

キスマイ・玉森が戦国時代に!? 2013年1月スタート「信長のシェフ」で連ドラ単独初主演!!

Kis-My-Ft2の中心メンバー・玉森裕太が、1月スタートの金曜ナイトドラマ「信長のシェフ」(テレビ朝日系)で主演を務めることが分かった。戦国時代にタイムスリップし、織田信長の“料理番”となるフレンチシェフ・ケンを演じる。単独では連続ドラマ初主演の玉森は「シェフ役も初めてですし、タイムスリップをするという設定ももちろん初めて。いろいろな意味で“挑戦”となる作品なので、皆さんたくさんのご意見をくださるとうれしいです!」と謙虚にコメントした。

同ドラマは「週刊漫画TIMES」(芳文社)にて'11年3月より連載中の同名漫画が原作。ある日、ケン(玉森)が目を覚ますと、そこは幾多の大名たちが戦を繰り広げる戦国の世。目覚める前の記憶は一切無くしてしまっていたケンだが、なぜか“料理のテクニック”だけは覚えていた。そうして京の都で評判の料理人になったケンのうわさを聞きつけたのは、戦国の雄・織田信長(及川光博)。天下統一に向けて精力的に動いていた信長は、ケンを料理番として召し抱え、「宣教師・フロイスの本心を確かめる料理を作れ」や「足利義昭に朝倉討伐を認めさせるための料理を作れ」など、無理難題を突きつける。現代と違い、調味料などもそろっていない時代だけに、ケンは苦戦を強いられる。さらに、信長と言えば短気で有名なだけに失敗すれば命の保証もない。ケンは戦国の世を料理の腕一本で生き抜くべく奮闘する。

ケンは「なぜタイムスリップしてしまったのか」「なぜ記憶を失ってしまったのか」など多くの謎を抱えながら、信長に仕えるうちにそのカリスマ性に魅了されていく。しかし、史実では信長と言えば“本能寺の変”で暗殺されてしまう人物。その事実を知りながらも伝えられない、天下統一は果たせないと知っていながらも、史実がひっくり返って天下統一を実現するのではないかとほのかな期待を抱く、という葛藤や苦悩の様子を細やかに演じていく。

ほか、瀕死のケンを助ける女刀鍛冶役に志田未来、“サル”呼ばわりされながらも信長に仕える豊臣秀吉役にガレッジセール・ゴリ、徳川家康役にはカンニング竹山がキャスティングされるなど、個性豊かな共演者がそろう。

今回初共演の及川について、玉森は「及川さんとは初めて共演させていただきますが、キラキラしたアイドルのような先輩からたくさんのことを学び、盗みたいと思います!(笑)」とラブコール。一方、及川は「“まさか!”の信長役です。僕自身大変驚いていますが、原作の面白さを皆さまに楽しんでいただけるよう、精いっぱい玉ちゃん(玉森)と頑張ります! つけひげです!」とお茶目にアピールした。

<キスマイ玉森>戦国シェフ役で連ドラ単独初主演 信長にミッチー

 アイドルグループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の玉森裕太さんが、13年1月からテレビ朝日系の金曜ナイトドラマで放送される「信長のシェフ」で初の連続ドラマ単独主演を務めることが14日、明らかになった。戦国時代にタイムスリップするフレンチシェフ・ケンを演じ、ケンが仕える織田信長役には、「相棒」(テレビ朝日系)以来の連ドラレギュラーとなる歌手で俳優の及川光博さんが起用される。


 玉森さんは「シェフ役も初めてですし、タイムスリップをするという設定ももちろん初めて。いろいろな意味で“挑戦”となる作品なので、みなさん、たくさんのご意見をくださるとうれしいです!」と喜び、及川さんとの共演を「キラキラしたアイドルのような先輩からたくさんのことを学び、盗みたいと思います!(笑い)」と楽しみにしている様子。及川さんは「まさか!の信長役です。僕自身大変驚いていますが、原作の面白さを皆さまに楽しんでいただけるよう、精いっぱい、玉ちゃんとがんばります! つけひげです!」とコメントを寄せている。

 ドラマは「週刊漫画TIMES」(芳文社)で11年3月から連載中のマンガが原作。戦国時代にタイムスリップして記憶を失ったが、日本史の教養と料理に関する豊富な知識を持つフレンチシェフのケン(玉森さん)が織田信長(及川さん)の専属料理番となり、「宣教師・フロイスの本心を確かめる料理」「足利義昭に朝倉討伐を認めさせるための料理」「北畠具教に和睦を受け入れさせる料理」などに挑戦する姿を描く。金曜ナイトドラマ枠で時代劇を放送するのは今回が初めて。

 大江達樹プロデューサーは、玉森さんと及川さんの起用理由を「いつも自然体ながらも芯の強そうな玉森裕太さん演じるケンが、戦国時代にタイムスリップするという過酷な状況に置かれる化学反応を見てみたいと思いました。気性の激しい織田信長役にもミステリアスな及川光博さんという意外性のあるキャスティングで、斬新かつ魅力的な時代劇になると確信しています」と話している。

 また、ケンを救う女性刀鍛冶師・夏を女優の志田未来さん、豊臣秀吉をお笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリさん、信長の家臣・森可成を俳優の宇梶剛士さん、徳川家康をお笑い芸人の竹山隆範さん(カンニング)、信長の料理人・井上を俳優のきたろうさん、足利義昭を俳優の正名僕蔵さんが演じる。

 ドラマはテレビ朝日系で13年1月にスタート。毎週金曜午後11時15分から放送。(毎日新聞デジタル)


拍手[0回]

PR
この記事へのコメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[09/06 蘭]
[08/30 ひなた]
[08/17 優]
[08/02 優]
[06/08 ひなた]
プロフィール
HN:
伏字姐さん
性別:
女性
自己紹介:
毎日を節操なく生きておりますが、本人は愛のある発言だと思ってるので、そこのところをご理解頂き、よろしくお願い致します。

バーコード
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
Copyright ©  -- 十人十色 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]