忍者ブログ

日々あったこと、思うことを書き留める日記です。

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ゴジラ」2012.02.11・・・
かれこれ太陽が事務所を辞めて舞台をやりだして、もう6弾ぐらいになりますが
(タンブリング2、愛が殺せとささやいた、ハイスクール歌劇団☆男組、
Re-miniscence【Stylishshine!! Vol.2】、(眠れぬ町の王子様~prince of the sleepless town~
これはいけなかった)、ゴジラ)
そのうちの5つめw
どれだけ太陽担やねんって自分でも突っ込みたくなるぐらい
行ってますけど-!!!
4つめのレミニなんてあの一男ちゃんと共演とか吐くかと思ったしw
いかないつもりが一男がいるってことだけで決めたしなあ(笑)
元々舞台はスキだからきっかけさえあれば行ってしまうのだが、太陽に関しては
きっかけがありすぎて困る(笑)

ゴジラもうっかり大阪公演とかあったので、行ってしまいましたw
会場は地元とはいえ、どこにあんねんっていう図書館の2階でびっくりしたけど
これが実情なんだろうなあ。
久しぶりに小劇場の舞台!!!って雰囲気でいすはもちろんパイプいすだし
ちょっとこじはるっぽい雰囲気のかわいらしい人がいるなあって人がいて
いきなり前説しはじめたら劇団の人だったし(のちに気づいた、笑)

最初の15分ぐらい見始めたとき、本気でこれがアタシの中で2時間持つかなあって
思うぐらい、もしかしたら苦手系の芝居?ってまじめに不安になったけど
太陽がぼちぼち出始めてから展開が面白くなってきて最後まで無事に
見ることが出来ました(笑)

ホントにざっと中身をいうと、タイトルどおりそして主役の通り
太陽がリアルにゴジラの役で(まあ身長も高いし、それなりに
マネをしてもそこそこ迫力はあった、笑)、ある人間の女の子とつきあってて
その女の子の両親に結婚を許してもらうために、両親や家族の前に現れるんだけど
結婚を許してもらえるのかどうか?っていう内容でした。

その許してもらうまでに、七転八倒な物語があるんだけどその劇中に
ポニーテールとシュシュを何度か踊ることがあって(笑)そのたびに全力で
踊る太陽がおかしいし、かわいいし。これに5000円払った価値があるって
感じでw

たびたび、彼女役の女の子といちゃいちゃラブラブする場面が
あるんだけど、これが超絶リアルすぎて!!!(爆)
アタシは担当じゃないから、うっわーーーーーーってちょーーーー、すーーてーーきーー!
たいよーーーー!!って感じで見れるけどこれが担当ならかなり辛いかも(苦笑)
まじでつきあってんじゃねーか?おめーらよっ?っていうぐらい本気で二人のせーかーいー!
を演出してらして、逆にリアルじゃなく演技ならすげーよって思うぐらいの
熱すぎる二人にもう、にやにやするしかないっていうwww
ヒロインの女の子を見る太陽の目が本気で優しすぎて、まじにきゅんきゅん
来すぎて(笑)太陽を見ながら、あー、あんな彼氏ほしー、あんなんされたいーーとか
普通に考えてた(爆)
女の子の前髪を直してあげたりとか、太陽も女の子にネクタイ直されたりとか
とにかく、二人ともさわるの!!!(笑)
そのたびに、内心きゃーーーって感じで、にやにやしてたんだが、
一緒にいったHちゃんも、きゅんきゅんきたらしいw
舞台の感想っていったらそれしか思い出せないぐらい、強烈な印象が残りました。

観に行ったのが千秋楽(東京も大阪も通じての)だったし、一応太陽主役の
座長公演になるのかどうかわからないけど、メインだったためにご挨拶が
あったんだけど、今まで笑って話してたかと思ったら、いきなり急に泣き始めたので
見てるこっちもえっ、ええーーーー??っておもってびっくりしたけど
太陽が泣いてるのを見ると連れて泣いてしまったり(周りの太陽担はみんな
一斉にもらい泣きしてた、笑)アタシもうっかりもらい泣きしたが、
いろんなことがぶわっと思い出されたのか?
(うっすら覚えてるのは、血糊を使ったり、手に画鋲をつけて風船を割るシーンが
あるんだけどその画鋲でいっぱい怪我したとか、笑)
まだまだそんなところは小さい子供みたいで、かわいかったです。
図体だけはまじででかいのにwwwww
いきなり泣くから共演者もびっくりしてたし(苦笑)
確か、前回の座長公演でも泣いてたし、今度の座長公演には千秋楽にいかなあかんなと
Hちゃんと決めましたw

結局、舞台が終わったあとはゆっくりご飯っちゅうわけにもいかなかったけど
(笑)萌えすぎたシーンを思い出してはきゅんきゅんしてました(笑)

さっ、しばらくはヲタ事はお休みなので、ゆっくりしまーす。


劇団STRAYDOG主宰で、映画監督でもある森岡利行=写真中央=が演出する舞台「ゴジラ」が27日まで、東京・新宿のSPACE107で上演されている。


 純粋な少女やよいが怪獣ゴジラと結婚したいと言い出したため、彼女の住む島は大騒ぎになる。劇団離風霊船りぶれせん主宰の大橋泰彦の作品で、1988年の岸田國士戯曲賞に輝いている。


 森岡は状況劇場やブリキの自発団を経て、離風霊船で俳優として活躍していた頃に出演した。「演劇の醍醐だいご味がある。役者として手応えを感じた」と振り返る。ゴジラ役は着ぐるみ姿でなく素顔で演じ、海などを表すセットも使わない。「ないものを想像させる点ではつかこうへいさん、最後の大仕掛けは唐十郎さんのニュアンスだと思う。映画と違う面白さがある」


 「ゴジラ」は3回目の演出で、主役コンビに若手を起用した。ゴジラ役の鮎川太陽=同右=は「映画を何本も見て『ゴジラ』を研究しました。自分の個性を出したい」、やよい役の神定かんじょうまお=同左=は「ファンタジーは大好き。普通の状態では話せないセリフが出てくるので、思いっきり極端に演じたい」と話す。(電)03・6698・6084。


(2013年1月23日 読売新聞)

・・・・・

セットを裏方さんがつくるんじゃなくて出演者で作ること。

血のりをつけたこと。

怪我をしまくったこと。

風邪やインフルエンザに、出演者のほとんどがかかったこと。(僕は大丈夫だた)

DVDが出ない舞台ということ。

自分達で衣装を全部用意したこと。

たこ焼きをあんなに食べたこと。

ステージ上で水や粉を浴びること。

座組みに誕生日を祝ってもらったこと。

年をまたいでの公演ということ。

座長公演で地方(大阪)があったこと。

人間じゃない役をやったこと。

>てなことを太陽が書いてるのをみて初めてDVDが出ない舞台だったんやーって
思った(笑)つーかこれこそもう1度、見たいなあ・・・。そしてどこでどれだけの
たこ焼きを食べたのか知りたいwww

拍手[0回]

PR
この記事へのコメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[09/06 蘭]
[08/30 ひなた]
[08/17 優]
[08/02 優]
[06/08 ひなた]
プロフィール
HN:
伏字姐さん
性別:
女性
自己紹介:
毎日を節操なく生きておりますが、本人は愛のある発言だと思ってるので、そこのところをご理解頂き、よろしくお願い致します。

バーコード
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
Copyright ©  -- 十人十色 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]